錦糸町 イタリアワインと石臼自家製粉生パスタ 

マッジョーレ

〒130-0012 東京都墨田区太平3-8-8 1階【錦糸町駅から徒歩5分】

営業時間:ランチ 火、土、日、祝 11:30〜15:00
     ディナー 17:00〜22:00 水曜日定休
※土曜は23時閉店です(東京都の時短要請時は22時まで)   

ご予約、お問い合わせはこちら

03-5610-5151

店主紹介

初めまして

 

初めまして。
マッジョーレ店主の宮下祐二です。
公式のホームページを御覧いただき
ありがとうございます。
少し気恥ずかしいですが
自己紹介させていただきます。

埼玉県出身、浦和レッズをこよなく愛する47歳(2019年現在)。

大学時代、ひとり暮らしの生活費を稼ぐために初めた居酒屋のアルバイトにハマってしまう。
魚をおろしたり、天ぷらを揚げたり

自分の作った料理をお客さんが食べてくれることが
こんなに嬉しいとは! 

大学卒業後は迷わず、「はい、喜んで!」で有名な居酒屋チェーンに入社。
毎日昼1時から朝8時まで、身を粉にして働いても楽しい!
ただ、もっともっと手作りの料理を作りたい
という思いが強くなり、イタリアンの世界へ。

お台場のイタリアンレストランで基礎を学んだ後、
イタリア、ボローニャへ。

1年間ボローニャのレストランのキッチンで修行させて頂きました。
休日はボロネーゼ(ミートソース)を食べあるきました。

ソースは肉の味が凝縮されているのに軽く仕上がり、麺(タリアテッレ)もソース同様軽い仕上がり。毎週食べても食べ飽きない。これこそが本場の味なんだと。

帰国後は生パスタを独自に研究。
生パスタは手打ち蕎麦やうどんの作り方や考え方と似ていると思い、
蕎麦うどんの名産地を訪ね食べ歩く。
現地で小麦粉を買ってはパスタを試作。
 
試作を初めて6年目。
やっと自分の理想のパスタに近づく。
小麦の香りと優しい食感が特徴で麺がソースによく絡みます。
粉はうどん処、埼玉県加須市の農家小山さんが作る小麦を使用。
※今現在は三重県産の同種を使用しています。

日本一と称される茨城県の常陸秋そばに負けない風味を持つ。
そんな小麦をお店の石臼で粉にし、
挽きたて、打ち立てパスタを提供するイタリアンレストランマッジョーレを
2010年オープン。

大好きなワインとパスタが楽しめるお店。実はこの生パスタ、
小さなお子様のファンが多いんです。
オープンして約9年。オープン当初、幼稚園に通っていたお客様も
今では中学生に。中学生になっても通ってくれるなんて
本当に嬉しい限りです。

長々と長文、お付き合い頂きありがとうございました。

さて、休日はレモンサワーを飲みながら録画した浦和レッズの試合を観ております。
Jリーグ開幕当初はなかなか勝てない苦しい日々を過ごし、
今や毎年優勝争いをする常勝チームになったレッズ。
マッジョーレもレッズのように多くのお客様に応援していただけるお店を目指します。 

 店主 宮下祐二

 

※ボローニャ旅行をお考えの方が、よくボローニャ情報を仕入れに来られます。
観光ガイドブックには載っていない情報を仕入れていかれます!

今日のつぶやき

2019.5.11(金)ホームページを観て、気に入っていただいた方がご来店してくださいました。感謝です\(^o^)/

ボローニャ料理

 

当店はイタリアの北中部都市”ボローニャ”の地方料理を提供しております。

イタリアの内陸に位置するボローニャ。日本で言うと山形市といった感じでしょうか。

海産物は無く、酪農が盛んな地方です。

名産品に、パルミジャーノチーズ、バルサミコ酢、モルタデッラハム、プロシュート、ランブルスコ(発泡赤ワイン)などがあり、イタリアでは美食の街と言われております。

名物料理はミートソースのタリアテッレ、ラザニア、トルテリーニなどの手打ちパスタです。

 

旬の食材のイタリアン

築地直送の鮮魚を使ったカルパッチョやアクアパッツァ。鎌倉野菜や旬の野菜を使ったサラダやバーニャカウダ。グリル野菜は前菜で一番人気です。

御予約、お問合せはお気軽に

03-5610-5151

24時間受付フォーム(ディナーのみ)

ランチのご予約は
11:30~12:30
までに入店可能なお客様
ご予約はお電話でのみでお受けいたします。
ランチのご予約は
03-5610-5151 迄

メディア掲載

雑誌掲載

アクセス

03-5610-5151

住所

〒130-0012
東京都墨田区太平3-8-8

【錦糸町駅から徒歩5分】

営業時間

ランチ 11:30〜15:00
ディナー 17:30〜22:00

水曜定休
月木金ランチ休み

クレジットカード

5000円以上のお支払いから可

Facebookページへ

ブログ